債務整理で過払い金が見つかる

債務整理とは?

これまでに消費者金融などの多くの貸金業者から借金を重ねてきた人の中には、毎月の返済が滞りがちになっている方も多いのではないでしょうか。複数の業者からそれぞれ借り入れを行う多重債務の状態になると、一ヶ月に何回も返済日がやってくることになり、返済計画が非常に立てづらくなります。

また、返済余力があったとしても、毎月何回も返済しないといけないと、返済手続を忘れたり、返済用口座へのお金の補充を忘れたりするなどで、故意でなくても返済期限を徒過してしまうケースもあるでしょう。そして、一度、返済が滞ってしまうと、ペナルティとして延滞加算金が掛けられてしまいますので、さらに返済負担が増え、返済継続が困難な状態に陥りかねません。
多重債務状態に陥り、返済の継続が難しくなってきたと感じたら、早めに弁護士に相談をするのが望ましいです。この状況下では、弁護士からは、まずは、債務整理を提案されることが多いです。債務整理は、複数の業者からの借り入れが長年続き、借り入れている本人も借り入れ総額を把握できていない状態にあるときに行われます。債務を再計算することによって、現在どのくらいの借金が残っているかを把握する作業です。

債務整理のメリット

債務整理を行うことの最大のメリットは、その過程で、過払い金を発見できることです。数年前まで、消費者金融などの貸金業者は、利息上限法で定められた上限金利を超えた高い金利、いわゆるグレーゾーン金利で貸し出すことを一般的に行ってきました。その後、このグレーゾーン金利が違法であることが法律上でも明確になり、過去に違法な金利で借り入れを行っていた場合には、業者に対して、支払いすぎていた超過金利分の利息の返還を請求することができるようになりました。これが過払い金請求です。
この請求によって過払い金が戻ってくると、その分、現在の借金の額が減ることになります。取り返すことができた過払い金の額によっては、借金がすべてなくなるケースも出てきます。つまり、債務整理によって過払い金が見つかり、請求によって過払い金を取り戻した結果、今後はお金を返すこと自体が不要になってくるのです。
なお、債務整理は、あくまでも私的な作業であり、裁判所などが関与する公的な手続ではありません。そのため、この作業を行ってもその事実が公になることはないのです。例えば、役所や職場に漏れることもありませんので、安心して弁護士に依頼することができます。
なお、債務整理を行ってもまだ多額の借金が残り、これを完済することは不可能と判断される場合は、自己破産手続を行うことも視野に入れましょう。自己破産を申請すると、現在所有している財産の全てを失うことになりますが、その代わりに、借金を全部帳消しにすることができます。無一文になるものの、借金をゼロにして、今後の人生を一からやり直したいという場合には、弁護士の助言も参考にしつつ、自己破産手続を行うことも検討しましょう。